検索

『炭酸コスメ』どうやって見分ける??

こんにちは!サニタススタッフの佳苗です。


前回の記事では「シュワシュワパチパチの激しい刺激がなければ、炭酸コスメではない」という認識は間違いだということをお伝えしました。


では、どうやって正しい炭酸コスメを見分けたら良いのか?

今回はその見分け方をお伝えしていきます。





まずチェックしていただきたいのは、コスメの裏側に書いてある、全成分一覧です。

こちらは、多く配合されている成分から順に表記されています。


こちらに、炭酸を出すものが『炭酸ガス(二酸化炭素)』とだけ表記されているもの、それが私たちがオススメする炭酸美容コスメです。


しかし、

・LPG(液化石油ガス)

・イソペンタン

・DME(ジメチルエーテル)

などと表記がある場合、それは私たちがオススメする炭酸化粧品ではありません。


表記が前にあればあるほど、パチパチと強めの刺激があります。

しかし、それは炭酸によるものではありませんので、ご注意ください。

そもそも炭酸ガスは、痛みを感じるほどの刺激は必要ではありません。


また、炭酸ガスとLPGなど、上記3つ各々と炭酸ガスどちらも配合されているケースもあります。

炭酸化粧品の表記するのに、明確な基準というものはありません。


そのため、二酸化炭素を配合している混合品も「炭酸化粧品」と言えます…


あくまで私たちがオススメしているのは、混合されているものではなく

炭酸ガス100%の炭酸化粧品です!

ぜひ、炭酸コスメを使う際は、こちらを選んでいただきたいと思っています。




次に見ていただきたいのは”炭酸ガスが溶け込んでいる濃度”です。

「配合」ではなく「溶け込んでいる濃度」か。が大切です!

→配合と溶け込みの違いとは?


それも、溶け込んでいる濃度が【1000ppm以上】であるコスメを選んでいただくのがポイントです!

これは、ドイツの炭酸温泉が基準となっています。


現在ドイツでは、なんと医療として炭酸泉が使われているのです。そして、医療レベルで使えるかどうかの判断基準が、炭酸濃度が【1000ppm以上】であること


この濃度を満たしている炭酸コスメを『高濃度炭酸』としてオススメしています。

→詳しくはこちら



簡単にまとめると、私たちのオススメする炭酸美容とは、

*混合型ではない、炭酸ガス100%であるもの

*さらに、炭酸濃度が1000ppm以上であるもの


上記2つを満たしているコスメを使った美容になります♪

炭酸美容を始められる方は、こちらをチェックしてみていただきたいです。



炭酸美容の助っ人・Sanitas Beauty Sunset



👈こちらをクリックしてください☆










14回の閲覧0件のコメント